タロット占いでは逆位置を使わなくても大丈夫です

  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しております。

皆様こんにちは
『本気のタロット講座』へようこそ。

タロットを学び始めて
正位置と逆位置2つを学ぶのは大変だ。
逆位置を使わないで良いならそっちの方が良い。
タロットでは逆位置を絶対読まなければならないのか!?

と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

タロットの書籍など逆位置の意味が多く掲載されておりますので…
「逆位置も使わなきゃダメなのかな?」と悩んでしまいますよね。

そのようなお悩みを抱えている方に、
本記事では
タロットは逆位置を使わなくても大丈夫というお話を基本としまして…

「逆位置を使わないならその理由は?」
「逆位置を使わないメリットは?」
「逆位置を使うメリットは?」
「逆位置を使わなくとも多彩に読める」

など、本気のタロット講座での考え方をご紹介したいと思います。

是非、参考にして戴ければ嬉しいです。

目次

タロット占いでは逆位置を使わなくても大丈夫です

まず結論をお伝えいたします。
タロット占いでは無理に逆位置を読まなくても大丈夫です!!

実は、
タロットカードには吉凶という概念は無く、
逆位置を使わなくともポジティブ、ネガティブ両方で読んでいくことが出来るからです。

タロットリーダーの読み方次第で臨機応変にリーディングが出来る…
それがタロットカードなのです。

例えば
恋人たち、力、太陽…etc.

これらをネガティブに読むことも出来ますし…

死神、塔、悪魔…etc.

これらをポジティブに読むことも出来ます。

どのカードもポジティブ、ネガティブに読むことが出来るので
正位置だけでリーディングしていくスタイルでも何ら問題はありません。

逆に言えば、
自分のスタイルを確立してしまった方が、鑑定スタイルを追及していけるのでお勧めです。

タロットには元々逆位置は無かった?

タロットをシャッフルカットして場に出します。
出たカードの絵柄が逆さまになった状態を逆位置と呼び、正位置とは異なる意味合いでリーディングをされます。

ですが一説によると、
『タロットが生まれた時には逆位置は存在していなかった』そうなのですが…
これってとても興味深くありませんか?

ウエイトスミス版タロットカード誕生の経緯を簡単に書かせて戴きます。

①フランスのマルセイユで生まれたマルセイユ版タロットカード。
これは元々、貴族、商人、大衆が好んで遊んだトランプのようなカードでした。
そのマルセイユ版を基に、ウエイトスミス版タロットカードは誕生することになります。

②時は流れ、
秘密結社「黄金の夜明け団」の幹部である
『アーサーエドワードウェイト』は、
マルセイユタロットを基にカバラの思想を盛り込みたいと…
画家である『パメラコールマンスミス』に独自のデザインを依頼しました。
こうしてマルセイユ版タロットは、
ウエイトスミス版タロットカードに生まれ変わったのです。
彼がその絵に込めたかったカバラの思想とは…
『人がより幸せな生き方に近づくためには』というものだったそうです。

③その後、近世のオカルトティストたちの手によって
独自にカバラの研究がなされ、タロットに意味なるものが付けられていきました。

④それらが翻訳され日々改良され現代のタロットに至っているようです。

ウェイトスミス版タロットカードの絵に込めた思想とは…
『人がより幸せな生き方に近づくためには』というものだったのですね。

それが
ウエイトスミス版タロットカード
「愚者の絵」であり、
「塔の絵」であり、
「カップ10の絵」であり…etc.
ということなのです。

上記のお話を採用するのでしたら、
絵を無理に逆さまに、メッセージを受け取る必要も無いのですね。

海外では逆位置が採用されていない?

海外では逆位置がリーディング時にあまり使われておらず、
タロッティストの方々の多くは『正位置しか読まない』そうです。

ウエイトスミス版タロットカードが広まる経緯…
そこに「逆位置という考え方が無かったから」と推察されます。

時代を追ってみますと、
逆位置の概念は遊戯用カード時代にもありませんでした。
例えば、
トランプゲームのポーカーなどで…
「ストレートフラッシュの逆位置!」などが無いようにです。

ウエイトスミス版として誕生させた当初も、逆位置という概念は無かったようです。
『人がより幸せに近づくためには?』
という思想で描かれた絵を逆さまに鑑賞しないですものね。

その後、
近世のオカルトティストたちが
独自のカバラの研究によって、タロットカード個々の絵柄に意味というものを作っていきました。
ここから徐々に、逆位置の考えが出てきた説があります。

…こんな面白い話もあります。

日本で逆位置が広まったのは、
日本で1番最初に出版されたタロット教本に記載されたことで、今日まで広まり伝えられているようだ。
というお話です。

嘘か誠か?とても興味深いお話ですよね。

上記のお話を考えるのなら…
海外のタロットティストの方々が、逆位置を使わないというのも納得です。

本場のタロットには逆位置という概念が無いのですから。

タロットで逆位置を「使わない」メリット

ここからは、
筆者の実践経験から
逆位置に対するお話を書かせて戴きます。

まず、タロットで逆位置を『使わない』メリットとしましては…
レイアウトされたカードたちが単純に見やすく、読みやすいです。

正位置、逆位置という部分に捉われないので
レイアウトされた全体のカードの印象を掴みやすいです。

例えば、5枚カードを出したとしまして…
全体が明るい印象か?暗い印象か?どちらでもない印象か?
それを瞬時に掴みやすいです。

明るい印象ならリーディング全体のテーマは明るくします。
印象が暗ければ、下手にポジティブに読んだりはしません。
全体の雰囲気がどちらでもない印象なら、
これからの行動によって状況を変えることをテーマに読んだりします。

正位置だけを使っていくなら、
「カードから受ける印象」でリーディングのテーマを決めやすいです。
ここに逆位置が入ってしまうと、
「このカードは暗く考えるべきか?」
などを考えてしまうため、一瞬の戸惑いが生まれてしまいます。

逆位置を使わないメリットとしましては、
『逆位置に翻弄されない』
という部分が大きいのではないでしょうか?

参考までに、
タロットで逆位置を使わず、
カードの印象からリーディングのテーマを決める方法としまして。

カードの印象を数値で判断しようという記事を執筆しております。
併せてご覧いただければ嬉しいです。

あわせて読みたい
【解説】タロットリーディング|ドローカードの印象を数値で判断しよう 皆様こんにちは『本気のタロット講座』へようこそ。 スプレッド展開した時、カード全体の印象を大切にしていますか? 実は、カード全体の印象によってカードの読み方を...

タロットで逆位置を「使う」メリットと注意点

では逆に、
タロットで逆位置を『使う』メリットは何でしょう?

タロットで逆位置を採用すれば、
「正位置で読む×逆位置も読む」と、単純に読み幅が広がることでしょう。

しかし、
ひとつ注意して戴きたいのが…
逆位置の考え方を間違えてしまうと
リーディングの矛盾や、混乱が発生してしまう要因になります。

タロットの逆位置を『正位置の対義語』だけで考えるとリーディングに矛盾が出てしまいます。

タロットの逆位置のイメージとして多いのが
『逆位置の読み方=正位置の対義語』ではないでしょうか?

ポジティブカードの逆位置はネガティブに
ネガティブカードの逆位置はポジティブに…という感じです。

しかしこれでは、
折角、逆位置を採用して読み幅が広がっているのに…
タロットリーディングに矛盾が出てきて苦労してしまいます。

下記で簡単なリーディングの矛盾をご紹介致します。

タロットで逆位置を使う際の注意点

タロットで逆位置を使う場合、
『正位置の対義語』だけで読むと
話がスムーズに流れなくなる場合があります。

例えばリーディングのテーマを、
「現在付き合っている彼の気持ちと二人の今後」と仮定して…

1枚目
「彼のあなたへの表面的な気持ち」
2枚目
「彼があなたに隠している本当の気持ち」
3枚目
「3ヶ月後の未来」

というように3枚引きをしてみます。

出たカードは
カップ2、恋人たち(逆位置)、カップ10でした。

上記テーマで、簡単に読んでみます。

彼の表面的な気持ち⇒カップ2
彼は、言葉には出さないようですが
あなたに対してはテンション、優先順位などは高いようです。
あなた自身、彼からの言葉での愛情表現が無いので不安かもしれませんが…
一緒に過ごしている時など、実は彼の態度にはあなたが大切であることが現れています。

隠している本当の気持ち⇒恋人たち(逆)
しかし、ちょっと心変わりをしているのか…
あなたと距離を置こうかと思っています。

3か月後の未来⇒カップ10
でも大丈夫です。何も問題なく仲の良い二人でいられるでしょう。

…どう思いますでしょうか?

1枚目、2枚目、3枚目と
ストーリーが繋がっていませんよね。

「でも」って言葉を入れれば…
一応文章は繋がります。
しかし、ストーリー的には強引です。

実は逆位置の考え方を
『正位置の対義語』だけで考えてしまうと…
このようなチグハグな読み方になってしまいかねません。
タロットリーダー自身も、読んでいて頭の中が混乱してしまいます。

逆位置の考え方と対策

では逆位置を読む際どのように考えれば良いか?
その対策を書かせて戴きます。

今回の場合、
逆位置が混じっていたとしても、3枚のカード全体が明るめの印象ですよね。

その為…筆者でしたら、
恋人たち(逆位置)の読み方をポジティブっぽく読んでいきます。

先程のテーマのまま、読み方を変えて簡潔に読んでみますね。

彼の表面的な気持ち⇒カップ2
彼は、言葉には出さないようですが
あなたに対してはテンション、優先順位などは高いようです。
あなた自身、彼からの言葉での愛情表現が無いので不安かもしれませんが…
一緒に過ごしている時など、実は彼の態度にはあなたが大切であることが現れています。

隠している本当の気持ち⇒恋人たち(逆)
彼が現在、あなたに隠している気持ちとして…
気恥ずかしいという気持ちが非常に強く出ているでしょう。
付き合う前でしたら、やはり言葉での表現も豊かになりますが
付き合っている恋人にですと、言葉での愛情表現などは気恥ずかしいという気持ちが強くなっています。
ですので、言葉よりもところどころに見せる態度に、あなたに対する気持ちを含んでいる。
言葉や態度に表すのが恥ずかしいから、その部分を見てくださいという気持ちを持っています。

3か月後の未来⇒カップ10
言葉が無いから不安がるのではなく、
彼のちょっとしたポジティブな態度を汲んで
彼の気持ちに応えると同時に
あなたも彼の事をもっと深く理解しようとすれば、
今後、2人の間は今まで通り良い関係でいることが出来ます。

「例文1」と「例文2」では、話の結末は大体おなじですが…
「例文2」はチグハグに話が飛ばずに、スムーズに話が展開されているはずです。

そして上記3枚を読んだ後に、
2人の良好な関係を維持していくための
「行動のアドバイス1枚」
「心持ちのアドバイス1枚」

『合計5枚引き』にすれば、更にまとまったリーディングが展開できます。

本項目では、
逆位置の考え方を簡潔にお伝えいたしました。

逆位置を読みやすくするために、
本ブログでは以下の4つの記事を執筆しております。
逆位置を使う時の力に成れるはずですので、併せて読んで戴ければ嬉しいです。

あわせて読みたい
タロット逆位置の考え方を教科書のように解説します 皆様こんにちは『本気のタロット講座』へようこそ。 タロットの逆位置って何だか難しいですよね…。「逆位置の読み方ってどうするのが1番良いの?」「正位置と逆位置と...
あわせて読みたい
タロット逆位置の考え方を教科書のように解説(その2) 皆様こんにちは『本気のタロット講座』へようこそ。 タロットを勉強するにあたって、「正位置は大丈夫なんだけど逆位置が…」「正・逆、両方なんて覚えられない…」「逆位...
あわせて読みたい
【解説】タロットリーディング|ドローカードの印象を数値で判断しよう 皆様こんにちは『本気のタロット講座』へようこそ。 スプレッド展開した時、カード全体の印象を大切にしていますか? 実は、カード全体の印象によってカードの読み方を...
あわせて読みたい
【解説】タロットリーディングで意味が矛盾した時の困らない読み方 皆様こんにちは『本気のタロット講座』へようこそ。 早速ですが、タロットリーディングをしていて、ドローカードの矛盾に困ったことはありませんか? 例えば…「過去・現...

筆者もタロットでは逆位置を使いません

かく言う筆者も
タロットリーディングの際は、全て正位置でリーディングをしています。

筆者のメインタロットデッキは常に正位置固定で、シャッフルの際にもテーブルシャッフルはしません。

何故「正位置しか読まないのか?」その理由としまして。

本記事でお話いたしました
ウエイトスミス版タロットカードに込められた思想。
『人がより幸せな生き方に近づくためには』
この考え方を採用して
タロットを「1枚の絵」として観ているからです。

そしてタロットの読み方としましては…

カードの意味を覚えるのでなく、
タロットカードという絵の
部分、オブジェからイメージを湧かせたり
絵を見た時の感想からキーワードを出したり
登場人物に台詞を言わせてみたり、心情を考えたり…

そのようにしてリーディングをしているからです。

※上記タロットの読み方は、
本ブログカテゴリ「大アルカナの解説」で常時お伝えしております。

一言で言えば
絵が逆さまになっていると見づらいのですね…(苦笑)

上記2つの理由から、
筆者は通常のリーディングでは、正位置でしか読んでおりません。

ですので、
これからタロットを始めようという方で、
『タロットって逆位置を取り入れなきゃダメなの?』
というように不安や疑問を持っている方は多いかと思いますが…

タロットでは逆位置を使わないでも大丈夫です!!

筆者は逆位置を使わなくとも、
実際のリーディングで困ったことは1度もありません。

ただ、例外としましては…
『Yes.Noスプレッド』の時だけ逆位置を使っています。
筆者の行なっている『Yes.Noスプレッド』は、正位置、逆位置のパーセンテージも加えて読みます。

この場合、
正位置しか使わなければ…
問答無用で『Yes!!100%!!』になってしまいますからね(笑)

ですので筆者は、
このスプレッド用に「ミニタロットカード」をワンデッキ持っています。

スポンサーリンク

結局…タロットで逆位置は使わないで良いの?

結論です。

タロットリーディングでは、
無理に逆位置を使わなくとも大丈夫です。

思い切って正位置だけしか使わないというのでも何も問題は起こりません。

現に筆者は、
通常リーディングでは、逆位置を使わないでタロットを読んでいます。

最後に、
タロットで逆位置を使うべきか悩んでいる方…。
『この先ずっと逆位置は使わない』というスタイルにしても大丈夫です。

タロットは自由な占術です。
ルールが無いのがルールです。
「○○をしなければならない」というような縛りは一切ありません。

だからこそ
『自分のスタイル』を確立しやすいと筆者は思っております。

本記事が
タロットでは逆位置を使わなくても良いか?
そう悩んでいる方の参考になれれば嬉しいです。

それでは、
本日も最後までお読み戴き、
誠に有難うございました。

スポンサーリンク
みなさまでシェアしませんか?
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次