タロット『魔術師』意味と読み方|魔術師のアドバイス方法

  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しております。

皆様こんにちは
『本気のタロット講座』へようこそ。

今回は、
タロットカード大アルカナ
『Ⅰ, 魔術師』の意味や読み方、アドバイス方法を解説致します。

魔術師のカードは、
「無から有を生み出す者」「創造する者」と紹介されています。

パッと聞いて「なるほど」と思いますが、
リーディングへの活用方法が難しいですよね。

そこで本記事では、
『無から有を生み出す』『創造』とは?

それをタロット「魔術師」の絵から読み解いていきます。

本記事を読むことによって
タロット「魔術師」の理解を深め、
自分なりの意味や読み方、アドバイス方法を見つけることが出来ます。

是非、参考にして戴ければ嬉しいです。

目次

タロット『魔術師』意味と読み方|魔術師のアドバイス方法

タロット『1.魔術師』のカード。

全体的に明るくポジティブな印象のカードです。

薔薇と白百合が咲き乱れ、
机の上には4つのスート(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)が置かれています。

絵の中央には、
頭上に無限マークを携えた魔術師が、ワンドを持った右手を掲げています。

無から有を生み出す「魔術師」のカード。

次項から具体的な読み方と、
アドバイスの方法を解説していきたいと思います。

『1』という数を数秘術から考える

タロット魔術師の番号は『1』です。

数秘術で考えるなら…
まず「1」という数字には、
『新しい事が始まる、新しい事を始める』という象徴があります。

「1」という数字にも「創造」に関するヒントが隠されていたのですね。

創造を簡単に言うと…
『最初に作り出すこと』
『真似ではなく新しいものを作ること』

言い換えるならオリジナリティです。

視点を変えるなら、
魔術師は「クリエイティブな人」とも言い換えられます。
彼は想像力があり、発想力が豊かで独創的なモノの考え方をする人です。

だからこそ、
彼は多くの事に挑戦し、
その中で新しいものを作ることが出来るのですね。

魔術師の「1」には
上記のような深い意味があるのです。

その他「1」はリーダーシップなども強く、
自立心や独立心が旺盛で、人より先に進みたいという傾向もあります。

では下記で、
魔術師のキーワードをまとめてみます。

「1」⇒「創造」としてのアドバイス

想像力を大切にする、
発想力を豊かにする、
相手の喜ぶことを考える、
違う自分に生まれ変わる、
独創的なモノの見方をする、
オリジナリティで勝負する、
相手へのサプライズを考える、
心の強さを自分の中につくる、
自分のキャッチコピーを考える、
トレーニングをして体をつくる、
イメージを大切にモノを作り出す、
優しさを自分の中に芽生えさせる、
真似ではなく自分で考えて作り出す、
自分の力で人生を切り拓く気概を持つ。

数秘術「1」で考える魔術師

何事も一番を目指す、
リーダーシップがある、
指導力、決断力がある、
集中力、判断力がある、
前向きで活動的である、
何事も先頭に立つ心を持つ、
独立心が強く、自分に自信をもっている。

是非、参考にしてみてください。

『薔薇と白百合』からのアドバイス

まず魔術師の服装に着目してみましょう。
『赤いローブ』『白い衣』を着ていますね。

そして周囲には
『赤薔薇』『白百合』が咲いています。

実は、これらにも意味があります。

「アトリビュート」と言いまして、
近代以前の絵画や彫刻などには
色やモチーフを通してメッセージを伝えていました。

ウエイトスミス版タロットカードでも
同じようにメッセージを伝えています。

次項で「薔薇」「白百合」
魔術師で使えるアトリビュートをご紹介します。

魔術師『薔薇、白百合』の意味

魔術師のカードに描かれている
『薔薇や白百合』のアトリビュートです。
アドバイスで使えるものをピックアップしてみました。

魔術師『薔薇』の意味

『男性的要素、火の要素の表現』

情熱、熱意、意志、自尊心、勢い、勇気、冒険心、エネルギー、行動力、野心…etc.

魔術師『白百合』の意味

『女性的要素、水の要素の表現』

柔軟性、受動的、柔らかさ、受容性、寛大さ、母性愛、共感、共有、協調性、感覚的…etc.

何かにチャレンジするため、
その物事を続け達成するためには、
情熱と行動力、そして変化に適応し多くを吸収する柔軟性など…
『男性的要素』『女性的要素』
二つの要素を併せ持って物事に挑む。

是非、魔術師でのアドバイスにお役立てください。

『左手の人差し指』でアドバイス

ウエイトスミス版タロットカードは
細部まで入念に描かれており、
手の形ひとつ取ってもちゃんとした意味があります。

魔術師の左手を見てください、
人差し指で地面を指していますね。

魔術師の指は何故、
地面を差しているのでしょうか。

この「地面を指す」という描画にも
ちゃんとしたメッセージがあり、

私は一か所に留まる』『私はここに集中する』『私はこの場所で事を成す

ということを表しています。

タロット魔術師は『創造』のカードであり『物事を成す』カードです。

何かを成す時はその場所に留まり、
集中することが大切だとメッセージしています。

何かを成そうとする時、
アイデアを出す時、モノを作るとき、
勉強する時、意中の相手を射止める時…
あれもこれもと手を付けず、
『その物事に集中することが大切である』

是非、魔術師でのアドバイスの参考にしてください。

『右手の持ち物』からアドバイス

魔術師は右手に白い棒のような物を持ち、天に掲げております。

実はこれは『ワンド=火の要素』です。

魔術師の描画では、
「赤」「薔薇」といった
火の要素が多く描かれています。

新しい事を始める時、物事を成す時は、
「情熱」「熱意」など『火の要素』を自身のエネルギーとするからです。

火は熱く、明るく、勢いがあります。
そして火はエネルギーになり、モノを創るのには欠かせないものです。

魔術師はそのエネルギーを右手に持ち、
「私は必ず成功してみせる!」
と高々に宣言しているようですね。

魔術師は『始まり』のカードに相応しい、
火の要素がとても多く描かれたカードです。

そこで「火」というものをイメージして
魔術師のアドバイスで使えるキーワードを挙げてみます。

情熱、熱意、熱いヤツ、明るい光、意志の力、自尊心、
やる気、エネルギー、勢いを持つ、闘争心、野心、エネルギッシュ、開拓精神

上記は全て「魔術師」で使えるキーワードです。

参考までに、
「ジョジョの奇妙な冒険」という漫画の
第三部ではストーリーにタロットカードを当てはめています。
魔術師のカードも出てくるのですが、
『火の要素』を前面に押し出しています。

そういった部分を連想して
『魔術師=火』と考えてもリーディングの役に立ちます。

以下の記事では
『魔術師の人物像を作って覚えよう』
という記事も執筆しております。
魔術師のカードを覚えるのに
是非こちらの記事も、
参考にして戴ければ嬉しいです。

あわせて読みたい
タロット『魔術師』の意味から人物像を作ってカードを覚えよう 皆様こんにちは『本気のタロット講座』へようこそ。 今回の記事はタロットの人物像を作って覚える方法。『魔術師編』です。 このカードもポジティブな印象を受けますよ...
スポンサーリンク

タロット『魔術師』のまとめ

魔術師は創造のカードであり、始まりのカードです。

このカードには
『薔薇、赤』という象徴が目立って描かれていました。

何かを始める時、何かを成そうとする時、
そこにはまず『火(男性的要素)』である
勇気、冒険心、諦めない心…etc.
それらが大切ですというメッセージがありました。

そして同時に、
魔術師のカードには、
『白百合、白』といった描画も多くなされていました。

これは『水(女性的性質)』である
柔軟性、受容性、協調性…etc.
それらも大切であるというメッセージです。

物事に対して
情熱のままに勢いよく進むだけでなく、
多くの意見、情報に耳を傾け、
それらを頑固にならず受け入れ
自分のものに変えていく姿勢を持つことが大切である。

「火=男性的要素」「水=女性的要素」
この両者を併せてこそ物事を成し遂げられる。

それをタロット『Ⅰ, 魔術師』は意味し、メッセージしているのです。

本記事が、
魔術師を読む際のお役に立てば嬉しいです。

それでは、
本日も
最後までお読み戴き、
誠に有難うございました。

スポンサーリンク
みなさまでシェアしませんか?
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次